シャークスキンの色変化

艶やかに変化していくシャークスキン

実際に一年使用したウォレットと、新品のウォレットを並べての比較となります。使い方によって光沢の出方は異なりますし、天然素材の為、全て柄やシワの大きさが異なっております。それによって、光沢の出具合も異なって参ります。艶は必ず出て参りますが、シワは使っていくうちに深くなっていくものではございません。よって、ご購入頂いた全てのウォレットが画像と同じシワ具合になるということではございませんので、事前にご理解頂きますようお願い致します。ただし、艶は同じように出て参ります。

よく、「ラナパーを塗るとどうですか?」とのご質問を頂きますが、ラナパーを塗るとシワの窪みにも油が入り込んでしまって、綺麗なコントラストが出ない恐れもございます。塗るとしても、表面部分に薄~く塗るくらいで抑えてください。シワの中には入れないようにしてください。時間はかかりますがラナパーを塗るよりも、ご自身で常に可愛がり撫でてやることをお勧め致します。少しずつですが自然と手の油を吸い込んで、良い艶がでて参ります。一年でこの艶です。このウォレットの現物は、S'FACTORY練馬店にてディスプレイしておりますので、実際に手にとってご覧頂けます。

使用前イメージ
使用後イメージ
 
PAGETOP